スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい仕事しまっせ~

昨日、吉川へ稲刈りに行ってきました。
土曜の夜、家を出て 明け方2時前に兵庫県吉川町に着き 車で仮眠。
明け方かなりの冷え込みで目が覚めた。

天気は めちゃいい天気!  

稲刈り日和!
DSCN8897.jpg
この田んぼを手刈りするわけです。
DSCN8896.jpg
バカチョンのカメラアングル、 気分は 一眼レフ! (笑)

で、8時過ぎ、稲刈り開始。
DSCN8900.jpg
いい仕事しまっせ~ (気合)
DSCN8898.jpg

日本一の酒米! 吉川町 特AAA地区

        特上 「山田錦」 刈ったど~!


と、刈り終わった後、 稲穂を束ねて 稲を天日に干すため
稲をかける 「稲架け」 を組む。

これはね~、 お百姓さんの先人の知恵! 木の杭と竹の横棒で組んで藁で縛っていくんやけど、 
まー理屈なんや! 縛り方が!
DSCN8902.jpg
ワタクシ、5年目にして ようやくマスターしまして、 皆さんに教えてます。 (ちょっと自慢げ)
DSCN8904.jpg
コレね~ホント理屈なんよ 難しいけど。
重みが架かるほど 「締め付けが強くなる」 っちゅう締め方 それも藁で! スゴイやろ!
DSCN8903.jpg
で、こんな感じ
DSCN8913.jpg

いいね~ (満)
DSCN8910.jpg

稲刈り終了後、昼食のお店にて 今回、古式稲刈り(機械を使わない)の終了証書を 授与され
任務完了。
DSCN8916.jpg

DSCN8918.jpg

収穫の秋
DSCN8909.jpg

やはり、「無農薬」などと うわべの肩書きを前面に出している世の中だが、 
大昔から 「先祖が残してくれた肥えた土壌」 を大切に肥やし 守ってきた歴史の上に立っている 生産者がいることの喜びと感謝を今回、 「菊姫」 を通して 感じ体験できた!

菊姫が 原料に拘る訳を今回あらためて理解し、 そういったお酒が 世界の舞台に立っても
「最高賞」 を受賞する。 
ということの現実・理由を目の当たりに実感した!

やっぱ、堂々とした凄さ・本質だね! (嬉)

売れる仕組みを持ったお酒より、 本質だわ! (悦)

ちなみに、わが地元の酒蔵で、もう一軒 能登の酒蔵「宗玄」 も
5年前からここの酒米を 使用しています!

お酒造り(製造) 何を 「主」 とするか?

これからの時代のお楽しみ ! ですね。 (笑)

そういった商品を伝える 地道な ? 楽しい酒屋に成るぞー !

                              (わが)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いいなー吉川
真面目な生産者に逢うと本物をもっと伝えなくちゃと思いますよね。
今の日本は嘘と金まみれ!!
お互い楽しく頑張りましょう。
俺も三年行ったけど古式稲刈り認定証は頂けませんでした(悲)

また来年もあるよ! (笑)
ほ~んと、真面目な生産者に逢うと スゲー力がわいてくる!
なんせ、本物やからね、
でも、いくら本当のことでも、言い過ぎると 「うるさい」 
と思われるんだわ ・・・ 悲しいけど 
ま、 じっくり やわ。(笑)

はじめまして、ちょくちょく拝見しております。これからも遊びにきますね。
プロフィール

富さん

Author:富さん
人として!
 一生は一商、
  一商は一笑、
   一笑は一生。
自然体が大好きなんです!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。